ロゴ

ハウスクリーニングを開業する予定がある人は知っておきたいこと

>お役立ち情報>それぞれの開業のコツ【ハウスクリーニングの場合】

それぞれの開業のコツ【ハウスクリーニングの場合】

掃除

仕組みを学ぶ

ハウスクリーニングを開業するときには、その仕組みをよく学んでおく必要があります。ハウスクリーニングといっても、どこまで行うのかはその業者によって異なるところがあります。住宅のすべてをクリーニングする場合は、掃除に経験がないと難しいところですのでまずは開業する前にどこかの業者で学んでおくことが重要になります。また、集客の仕組みも学んでおかなければなりません。通常ハウスクリーニングを開業する人は、クリーニングの腕前に自信がある人が行います。そうすると、実際の仕事自体はそれなりの腕前を発揮しても、集客できないことが考えられるでしょう。集客する仕組みがなければ、どれだけ腕前があったとしても発揮する場面がなくなってしまいます。集客の仕組みとしては、インターネットで集客する方法がよいでしょう。チラシをまくのとは異なりお金がかかりにくいからです。

スポンジ

基礎知識をにつける

お店を開業する場合には、お客さんを集めることやハウスクリーニングの腕前も重要ですが、どれぐらいが損益分岐点になるかをあらかじめ計算しておくことが大事になります。ハウスクリーニングを開業するにあたり必要なものは、掃除道具や自動車などです。特に在庫や店舗などが必要ないためその点はお金がかかりませんが、自前で車を用意しなければならない点が一番大きな負担になるはずです。また、現場に訪問するときにガソリン代がかかることも頭に入れておきましょう。当然集客する場合も、そこにお金がかかります。そこから毎月どれぐらいの出費があるかを計算すれば、ひと月に稼がなければいけない金額が分かり、事業を運営する上での目標がはっきりします。